Lightroom

Lightroomで簡単な逆光の強調レタッチ方法【cc 2018】

時々自分が逆行の中生まれたんじゃないかって思います。
それくらい逆光が好きです。おまつりです。

逆光の写真を撮影すると、ポートレートの場合は基本的に被写体の露出が落ちますよね。
ですので三脚で固定して、それぞれに露出をあわせて・・・・なんてもちろんやってられません。

そのためポートレート撮影の場合、逆光の露出に合わせることがあまりないので、逆光を強調するレタッチを行ってきました。

というわけでそのレタッチ方法を備忘録的に書いてこうと思います。
細かいレタッチがどうこうよりも、逆光を強調するためのレタッチ方法を中心に書いていますのでご了承を!

Lightroom編(cc 2018)

強調レタッチはLightroomとphotoshopを使用します。どちらを使用しても大丈夫ですので使いたい方法を選択してみてくださいね!

円形フィルターでオレンジ色を強調する

まずはlightroomの円形フィルターを用いた方法。

なんのことはない、ホワイトバランスおよび、露光量を調整して行う方法なんですが、いくつかポイントがあります。

それは、空や光源、フレアが画角内に入っていること。

逆光なら多くある状況なのですが、これらの要素がどれかあれば調整しやすいイメージです。ではいじってきます!

はい終了!

行ったことは以下です。

色温度を+

露光量を上げる

飛びすぎたハイライトを下げる

明瞭度を下げて柔らかい印象にする

です。

それから効果の範囲をぼかすことのできるパラメータもあるので、少し大きめにボカシています。

ここでまったくぼかさないでいると、逆光の侵食グラデーションが極端になってしまうので大きめにぼかしたほうが自然かなと思います。

あと忘れずに反転ボックスにチェックマークを入れましょう。

Bofore/After

この方法で行った写真は以下です。

逆光が強調されたことがおわかりいただけただろうか・・・?

簡単すぎてまとめる意味あんのかって言われても仕方ないレベルですね。

では次

カラーを追加する

実は円形フィルターにはカラーを追加する枠があります。

それがこちら。

カラーって書いてあるところですね。資格の中に☓が書いてありますが、大丈夫です。選べます。

クリックでこんな感じに

あ~色が選べそうなパネルですね。とても。

Hというのが色相(Hue)、Sが彩度(Saturation)になりますね。

Hも数値のところをマウスオーバーすれば選択可能になります。数値のとこをクリック→クリックしたままドラック で調整可能です。

というわけでここを使用して普通にオレンジっぽくしようと思います。

このカラーパネル、メリットは何かというとスポイトツールが使用可能なところです。

カラーのエリアにマウスを乗せてください。そうするとスポイトアイコンにマウスカーソルが変化したかと思いますが、問題はここ、どこでもいいのでクリックしたままクリックを離さないでください。そのままプレビュー画面内にスポイトを持っていくと・・・

そうです。なんとプレビュー内の色情報を持ってこれるのです。

この特徴を使用し、逆光の色をスポイトしてカラーを少し乗せる→部分的に自然な調整が可能 といったことになるんですね。

色温度とは違った調整が可能なわけです。

Bofore/After

この方法で調整したものと、先程の色温度で調整したものを比べると・・・

微妙な違いですが、背景の森のあたりがさほど影響を受けずに済んでいるのがおわかりいただけるかと思います。

ここはお好みで使い分けくださいませ!

終わりに

簡単ですね。肝はカラーか色温度の使い分け・・・!

カラーの方法であれば細かい設定ができるので個人的にはこちらを使用しています。HSBカラー法の感覚もついてきますしね!

次はphotoshop編を書いていきますので、更新したらぜひ読んでみてください!