Photoshop

photoshopで簡単な逆光の強調レタッチ方法【cc 2018】

時々逆光が恋人なんじゃないかと錯覚します。
それくらい逆光が好きです。おまつりです。

前回ライトルームでの逆光強調方法を探って見ましたが、今回はphotoshop
adobeフォトグラフィープランに入っている方も多いと思いますが、この2つ、本当に便利ですよね。

>Lightroomで簡単な逆光の強調方法【cc 2018】

Photoshop編(cc 2018)


今回はこちらの写真を使っていきます。
まず色調や明るさを調整。
調整はcamera rawで行っていきます。

基本の調整をしたら、新規レイヤーを作り、元のレイヤーの一つ上に設置。

そのあとブラシに持ち替えて、一クリックだけして円を作ります。
色は黄色系だったら何でもいいです!オレンジに寄せるほど暖かさが増します。

書いたらこんな感じ。
そのあと円を描いたレイヤーのスタイルをスクリーンに変更します。

はいおわり!
異常に簡単ですね。でもこのやり方が基礎になります。

あとはこのレイヤーの透明度を変えてなじませ方を任意に変更します。

次は別のやり方編。

 

シェイプからグラデスクリーン

今度はシェイプを作って、シェイプレイヤー自体にレイヤースタイルをかける方法を取ってみます。

まずはシェイプレイヤーを制作。
ブラシとの違いは、任意の形を作りやすいことですね。

広告グラフィックみたいなのができましたね。

そのあと、シェイプレイヤーの透明度を0%にした上で、グラデーションの設定をします。グラデーションはレイヤースタイルから設定するとやりやすく、あとで調整もしやすいのでおすすめ。

レイヤースタイルはレイヤーパネルの該当レイヤーをダブルクリック、もしくは右クリックからレイヤー効果で設定できます。

 

設定したのはこんな感じ。

描画モード→通常

逆光のレイヤーはあとからスクリーンにしますが、この段階では通常にしておきます。

スタイル→円形

ここを円形にしておかないと単純に左から右のグラデーションができてしまいます。

比率

この比率で、シェイプないでグラデーションが完結するように設定します。コツはグラデーションの切れ目が見えないこと!

 

円形グラデーションの中心点がわからんよ!というかたは、以下の状態でシェイプ内でドラックしてみましょう。

そうすることでグラデーション設定を感覚的に設定できます。

そのあとは設定したシェイプレイヤーをグループ化(Ctrl+G macの場合は command+G)し、そのグループの描画モードをスクリーンにします。

ここでシェイプの描画モードを変更しても、レイヤースタイルのほうが優先度が高いため反映されません。なので一度グループ化の必要があるんですね。

で、ここからがシェイプの本領発揮なのですが、グラデーションの色を気の済むまで調整します。

太陽の光というのは一定の色に見えて中心から外につれて色が薄くなるんですね。そのグラデーションを反映させるわけなんですね。

今回は中心から黄色、濃いオレンジ、薄いオレンジ、透明度のある黄色、完全な透明の順で設定しました。

その設定だとこうなります。

単純なブラシと比べると・・・

よりピンポイントに、かつ自然に強調できましたね。

本番はこのシェイプと、ブラシをかけ合わせた方法をとるとより自由度が増すのでおすすめです。

シアン+マゼンタの美し小技

今行ったのはオレンジ色で強調しましたが、色を変えることでまた自分好みのアクセントにすることもできます。そのうちの一例をご紹介。

先程とは少し違って、幻想的な逆光の強調になっているかと思います。

これはブラシの方法で、色をシアンのレイヤー、マゼンタのレイヤー2つを作り、その2つのレイヤーをスクリーンにすることでつくることができます。

試してみたい方は以下のカラーコードをカラーパネルに入力して、ブラシで描いてみてください。

 そのあと、レイヤーを2つともスクリーンにすることで制作可能です。

 

終わりに

いかがだったでしょうか。

逆光の強調くらいなら簡単にできるかと思います。もう一段階ドラマチックにしてやりたいんだ!という方はお試しくださいね!