撮影スポット

風景写真好きならだいたい知ってる!小貝川ふれあい公園の人気ぶりを見てきました[茨城]

今回は小貝川ふれあい公園へポピーの開花情報を聞きつけて行ってまいりました。

実はこのスポット結構有名で、僕も知ってはいたのですがなかなか撮影する機会が得られず、ようやくこの間5/24に行ってきたんです。

場所はこちら。

 

到着時間は深夜0時。この公園は深夜は入り口が閉じてしまっているのですが、香取神社に向かって南下すると常に開放してくれている駐車場があります。

そこで日が出始める時間の前まで就寝・・・。
香取神社の時間はこちらです。

 

日の出の景色

このエリアの肝は、筑波山ポピーの共演。

僕が訪ねた5月中旬~下旬はこのエリアのポピーの開花時期でもありますので、さらに日の出のマジックアワーと合わせて撮影したかったわけなんですね。

先程就寝といいましたが、暴走族が通ったので寝付けませんでした。こういう市街地の近い場所で車中泊をする場合は耳栓は持っていったほうがいいと思います。失敗した・・・。

さて日の出の時間になり、車から出ると爆焼け!・・・とまではいきませんが、遠くの筑波山に幻想的な朝の光がかかっていました。

ちなみに僕がここにくるのが遅かったので、ポピーは満開ではなく6分咲きくらいでした。それでも結構な量が咲いており、当方とても満足しております。

 

誇らしげに咲き誇っていやがる・・・。

広大な花畑もいいですが、ポピーにクローズアップしても良いですね。

公園は結構混む

朝の光が照らす景色はひっそりとっていたいものですが、このスポットもなかなかに有名な場所なのでたくさんのフォトグラファーが来ていました。

その数たるや想像以上だと思います。

とりあえずこちらをご覧ください。

 

 

多っ・・・

これもう僕撮る必要ないんじゃないですかね?

正直想像以上です。僕よりはるかに良い機材を持っている方もたくさんいます。貸してください。

 

というわけで一つ言うとすると、このスポットに来る場合は場所取りに地味に時間がかかります。

空いている場所の前にいけばポピーがそもそもなぎ倒されているし、木が邪魔で筑波山見えないし、満足行く構図で撮影したい人はまだ夜が明けていない段階で場所を取っておくことをおすすめします。

終わりに

というわけで茨城のおすすめ撮影スポット「小貝川ふれあい公園」。

茨城といえばネモフィラの某公園や大洗公園などが着眼されがちですが、このポピーの咲く時期の小貝川ふれあい公園もおすすsめです。

今年はもうシーズンがすぎてしまいましたが来年機会があったら行ってみてくださいね!