アプリ

一眼のレンズを選ぶ方法って?作例が見れるサイト5選

あのレンズほしいとか、このレンズが良いとか、人によって様々だと思います。
カメラ買いたての人は、その話題ができるまでの情報を一体どうやって手に入れているのでしょうか?

大体はレンズのニュースや、他口コミから情報を得るのですが、やはりレンズというのは写真を写すツール。なので、どのレンズがどんな画を写すかを知っていれば、自ずと自分のほしいレンズがわかってくるのです。

そこで今回、レンズの作例が見れるサイトをちょっとまとめてみようと思います。
自分がどんなレンズがほしいとかわからんよ!って方はご参考にしてくださいませ!

Photohito

フォトヒトはレンズから写真を探すページで、様々なレンズで撮られた作例を一覧することができます。

例えば、nikon 50mm f1.8が良いと聞いたぞ!となった場合、このページから該当するレンズを探し、表示された写真を見てみましょう。

表示順は「アクセス数が多い順」がおすすめです。それによってそのレンズでどう撮れるのかが良くわかり、購入の判断に一役買うと思います。

 

 

photoyodobashi

こちらはレンズに応じたマガジンを見ることができるサイト。掲載写真自体がきれいで、特にカールツァイスなどの高価レンズが欲しくなってくるサイトですね。

レンズの作例以外にも、撮り方のリファレンス等の記事も約に立ちます。

このページからレンズを一覧で探すことができ、UI的にも見やすいです。

「なんとなく望遠がほしいなぁ」や、「広角がほしいなぁ」といったなんとなく欲しい焦点距離が決まっている方の背中を押すのにおすすめのサイトになります。

500px

ご存知500px。ここはレンズの作例として見るには使い方が少し違いますが、EXIF情報によって各写真にレンズ情報がアーカイブされています。

そこで、検索窓に対して作例をみたいレンズを打ち込み、検索をかけると、そのレンズで撮影された写真を一覧することができます。

ただ、ほぼ加工されていることが多いので色味の参考にはならないかもしれませんが・・・。

さらに、写真詳細ページを開くと、レンズ情報のみならず、ボディの情報や、撮影時の設定まで記載されているので、多方面での参考になると思います。

良いと思った作品からほしいレンズを見てみるのもいいかもしれません。

GANREF

こちらは撮影地を探すのに良く利用させてもらっているサイトです。

レンズ作例も見ることができ、クオリティの高い写真が多く掲載されているため、とても参考になります。

また、選択式でのソート機能が使いやすく、手っ取り早く調べるのには良いと思います。

価格.com

こちらも作例探しとして使用している方が多いのでいまさら使い方をおさらいしなくても良いと思います。

なので一つだけ、あまり知られていない機能を一つ。

別にカメラ商品でなくともできるのですが、例えばレンズの場合。

まずレンズの詳細ページにアクセスします。

そのあと、URLの入力窓、kakaku~とURLが続いているとおもうのですが、その先頭に小文字で「s」を入力し、エンターキーを押します。

ここで間違えてはいけないのは、商品の詳細ページでのURLということ。一覧ページで入力しても何も起こりません。

すると・・・・?答えはご自身で確かめて見てくださいね!笑

この方法を用いて表示させたページで、家電量販店で根切りもできちゃいますね。

ほしいレンズを絞ったあとは実際に試す

これだと決めたレンズがあれば、即購入!の前に、待ってください。もし時間があるのであれば、一度店頭にて試し撮りを行うことをおすすめします。

試し撮りすると、グリップ感とか、フォーカスの速度とか、細かいところを肌で感じることができるのでやはり生で触ることにはネットはかないませんね。

その上で購入すると、更に愛着も湧いて長い相棒になること間違いなしです。

それでは良いレンズライフを!