チュートリアル

【初心者向け】星空まるごと合成!photoshopチュートリアル

この間とある場所にキャンプに行ってきました。

星を撮るのが目的だったのですが、ロケハン不足で思ったより光害が激しいことに現地で気づき、早々に星は諦めてしまったのです。

とはいえ、せっかく来たのにそのまま何も撮らないのは悔しいので、後々の合成用にと、その場で前景として写真を撮影いたしました。

それがこちら

まったく見えねぇ~

まさかこんなに見えないとは・・・舐めてた・・・とまぁそんなことでとりあえず撮っておいたこの写真に天の川を後付して、心の目でこんなに見えたぜ!と同僚に言うためにコラージュしていきたいと思います。

使用ツールはphotoshop

結構簡単に合成できちゃうので挑戦してみたい方はご参考にお読みください!

素材の下準備:前景

まずは下ごしらえです!

天の川を合成したい前景をフォトショップで開きます。

今回は星空合成なので、この写真のように前景と空の境界がはっきりしている写真が扱い易いです。

 

まずはこの前景にマスクを掛けます。

こんな感じ。完全に空は切ってしまって大丈夫です。

選択範囲はクイック選択ツール、選択範囲とマスク、被写体の選択などを駆使してマスクを掛けていきます。

素材の下準備:天景

前景ときたら今度は星空の素材。
今回は南伊豆で撮った星を使用します。

この星空をそのまま先程のpsdに放り込み、マスクを掛けたレイヤーの下にレイヤー順を変更します。

トーン調整

配置し終えたらこうなります。

はい。もうなんかすでにいい感じですね。ここで気をつけるポイントは、天の川の大きさ。

海外の写真とかで、たまにどう考えても天の川がでかすぎるやろってツッコミたくなる写真あります。大きくするのもほどほどに・・・笑

 

それと気になるのがカラー

奥の紫がかった空に対して前景の色が沈んでいるので、前景か天景どちらかを調整します。

今回はこの色彩・彩度レイヤーを使用。

レイヤー新規調整レイヤー色相・彩度を選択し、調整レイヤーを召喚します。

調整値はこんな感じです

 

続いてトーンカーブ。

このトーンカーブで、明るさをあわせていきます。

この2つのレイヤーを掛けた段階での画面はこちら。

微妙な変化かもしれませんが、先程のと比べると・・・

天景が明るすぎるのが抑えられ、全体的に馴染んだと思います。

Color Efex Pro4 で調整

その後の調整は各々の腕の見せどころですが、今回はNik collectionのColor Efex Pro4を使用しました。
Nik collectionは無料公開されているphotoshopプラグインで、このような景色の調整、フィルムフィルター、肌のレタッチなどで重宝するツールになります。
公式サイトはこちら

Color Efex Pro4のプロコントラストをかけ、印象的にすると・・・

完成です!

なかなかひと目では合成と分かりづらい星景写真になったのではないでしょうか。

これを用いて、あのキャンプ場星キレイだったよ!と嘘はつかないようにしましょうね笑