カメラ

カメラ入門!5万円前後で、スマホ連動のおすすめのミラーレス一眼3選

2018年現在、ミラーレス一眼っていっぱいでてて何を選べばいいんだかわっかんないっすよね。

最近、写真を趣味として始めたい!!って方からおすすめのカメラを良く聞かれ、そのたびに勧めているミラーレス一眼がタイプによって3つあります。

入門の際に選ぶポイントっていうのは

・最近発売された機種かどうか
・操作性がいいかどうか
・外見が好みかどうか

だと思います。

その理由としては、カメラの機種の大幅な進化により、最近出たカメラって結構何選んでもよく出来てるんですよ。
はずれがないというか・・・最低限のスペックどころか、使いようによっては一眼レフに迫る勢いなんじゃないかとも思えるほど!
同じスペックで軽いんだったらそっちのほうがいいですよね。なので、とにかく写真を始めたいという方には細かいスペック差よりも上を重視したモデルを勧めています。

それと、主観なんですが、写真入門でカメラを選ぶときに何故か予算5万前後の方が多く、今回はその価格帯(6万寄りですが)を重視して調べてみました。

キヤノン EOS Kiss M

さっそく、今一番おすすめしたいカメラなんですが、canonからkissシリーズのM(ミラーレス)シリーズです。

友人や景色をきれいに撮影したい人に向けたモデルです。

さくっとしたスペックはこちら

画素数・・・約2410万画素

重さ・・・387g(フルーツグラノーラ中パックくらい)

オートフォーカス・・・最大143点の測距点・瞳フォーカス

遠隔・・・Bluetoothでスマホに送れる

いいですね。これで価格が6万いかないとかやばくないですか??
頑張って10万のカメラ買ってももしかしたらこのカメラとスペックが張るかもしれませんね。

クリエイティブフィルター

このくらいの価格帯で心配になってくるものの一つに、いざ本格的に撮影したくなったら通用するのか?という点がありますが、この機種は心配ご無用
このページに記載してある通り、あらゆるクリエイティブフィルターもあり、なんとHDR撮影も可能とのこと。

これ、明るいところと暗いところを同時にいい感じに写して、見たまんまに写真を仕上げる知る人ぞ知るワザなんですが、カメラ内でできるのはすごいことです。普通photoshopに通さないとできませんしね。

この機能があれば、明暗差の激しい景色なんかも満足に撮影ができますね。

サイレント撮影

個人的にスナップ撮影でこころがけたいのは、撮影者の気配を消すこと。

お休み中の子供を起こさずに、ふとした会話を気をそらさずに、水を飲む猫をこっそりと撮影したいときに「バシャ」っとシャッター音が鳴り響いたらチャンスを逃してしまいますよね。

このkiss M、サイレント撮影が可能なのでそれがありません。もし気になったら店頭で試してみるといいと思います。何も聞こえねえ!ってほどではないですが、十分に実用可能な静かさになります。

Bluetoothで遠隔操作

最近のカメラにはほぼついているといっても過言ではないこの遠隔関連の機能。

このkiss MはBluetoothが発動できるので、スマホに撮影した写真を送れるのはもちろん、スマホからシャッターを切ることもできます。集合写真に使えそうですね。

そんなことより作例を見たい

このカメラの機能はわかったからどんな写真が撮れるのか見たい!って方も多いと思いますので、作例の一杯載ったサイトを載せておきますね。

>PHOTOHITO kiss M

すげえ・・・・・

プロレベルに撮影できる方が多いのか、美しすぎる写真が立ち並んでますね。ほどよくボケも表現できているようで文句なしです。

お次はこちら。皮?のグリップがおしゃれなGF9!

パシャパシャ気軽に撮れるし、自分風の作品を探してみたいにむけたモデルかと思います。

ポイントスペックはこちら

画素数・・・約1600万画素

重さ・・・約269g(そばのパックくらい)

オートフォーカス・・・空間認識AF・瞳フォーカス

遠隔・・・Bluetoothでスマホに送れる

いいですね。こちらもkiss Mと同じく遠隔撮影が可能です。なんかもうレリーズいらねえじゃん・・・笑

画素数が他機種よりも劣る気がしますが、大きめに印刷しないのであればこれだけあれば十分です。

4K PHOTO

このモデルの代名詞でもある4K PHOTO

それってなんぞやって思うんですけど、これがすごくて、後からフォーカス位置を変えることのできるフォーカスセレクト機能や、1秒30枚という驚異的な連射機能などがあります。

ちなみに僕の使用しているD750は、連射が1秒に6.5枚。枚数だけで言うと完敗ですね・・・。

ローパスフィルターレス

ローパスフィルターっていうのは、解像度を少しさげてしまうかわりに偽色やモアレといった余計な要素を取り除くものなので、レスだったらいいってもんでもないですが、フィルターレスにすることによって繊細な解像感を得られます。

プロ機だとこのレスかレスじゃないかの解像感はもはや信教の領域に見えますが、この価格帯でローパスフィルターレスで得られる解像感は結構でかいです。風景を繊細に切り取りたいときとかに重宝するかな。

セルフィー用バリアングルモニター

このGF、背面のモニターが大車輪のごとくぐるっと上に回転させることができます。

このバリアングルモニターって意外と使ってみると思わぬ視点からのスナップができたりするのですが、それがこのまでの回転を見せると、他の人が撮っていないような視点を見つけることができるかもしれません。

もちろんセルフィーしやすいというメリットもあります。

いやだから作例を見たい

わかりましたこちらです。

>PHOTOHITO GF9

これもまたきれいですね・・・・。

なぜか接写の写真が多い気がしますが、普通に景色もきれいに撮れますよ!

sony a6000

最後はこれ、sonyからa(アルファ)6000

日常の決定的瞬間を捉えたい人のためのカメラだと思います。

ポイントスペックはこちら

画素数・・・約2430万画素

重さ・・・約344g(フルーツグラノーラの以下略)

フォーカスエリア・・・ワイド 179点

遠隔・・・Bluetoothでスマホに送れる

まぁほらすごいですね。

aシリーズというのは2018年現在、a3という化物スペックのものがリリースされており、少なからずその血が入ったこのモデルなので、価格にしてはやたらとスペックが高いイメージです。

Eマウントのミラーレスってあんまいいイメージ持ってなかったけど、触ってみた結果ちょっと考え変えました。笑

高速スピードAF

特筆すべきはオートフォーカスのはやさ。はええ。ぱっとかまえてピピッと合う。

一眼レフだとそもそもミラーレスほど軽くないので取り回しの面ではミラーレスに軍配があがりますし、このモデルはさらにオートフォーカスのはやさで、僕が知っているなかでもっともすばやくぱぱっと撮れるモデルだと思います。スナップにもってこいですね。

OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)

ミラーレスはミラーレスなので、ファインダーをのぞいたとしてもそこに写っているのは液晶に写ったもののみ。

しかし、このモデルはそのファインダーの精度をあげることで、一眼レフを覗いてるような感覚、しかも覗くことで外部の光の影響を受けないで構図を考えることができるので、とても良いです。

Eマウントレンズ

他と少し違うこのEマウントとは、ツァイスレンズを使えるマウントでもあります。ツァイスとは写真家ならだいたい欲しがるようなレンズが多く、そのレンズが使えるという点はまごうことなき利点かと思います。

将来的に余裕ができて、レンズも買ってみたいなぁというときには選択してもいいと思います。

作例をさぁ

はい

>PHOTOHITO a6000

上の機種にも引けを取らず、作例爆発してますね。

星空がこの価格の機種で撮れるのはいい時代に生まれたなぁと思います。

終わりに

いかがだったでしょうか。

入門ってどのスペックを比べればいいのかよくわからないまま調べている人が多いと思いますが、この3種はおまつりの知る限り本当に幅広いシーンに使え、スペックが高く、写真の楽しさを感じることのできるおすすめできる機種だと思います。

無駄に調べまくって買わないよりもこの3つの中から選んでしまってもいいと思いますよ!

それではいい写真ライフを!