アプリ

googlemap”マイマップ”機能がマジで便利すぎる!撮影地記録の使い方

その大量の行きたいスポット、整理できます。

このマイマップ機能なら!
マイマップを使って風景のスポットや、自宅から近いスタジオをメモしてみてはいかがでしょうか。

本記事ではマイマップの紹介とマップ作成方法、スポット記録に置いて便利なポイントなどを紹介していきます。

マイマップとは?

マイマップとは、google mapの機能で、特定のスポットをピンでストックできるものです。
行った先、行きたい先などで色を分けることも可能。
ようするにmap上での行き先メモなんですが、旅や撮影に行くのに非常に心強い味方になる機能が盛りだくさんなのです!

まじで便利すぎる・・・!

マイマップを作成

というわけでどれだけ便利かを確かめるべく、さっそく各機能を実際に使ってマップを制作していきましょー!

とりあえず例として、自分を新宿御苑に行きたいなぁと思っている人だと仮定して組み立ててみます。ログインとかは割愛します!

まずは検索窓で場所を検索

行きたい場所である「新宿御苑」を打ち込みます。
そうすると、まぁ当然ながらこのように新宿御苑の住所がでます。

ここで、サイドバーにある「レイヤを追加」をクリックして任意のファイルをつくってください。


新宿御苑は公園ですので、ひとまず公園としてレイヤを追加しました。


そしたら新宿御苑のパネル左下にある「地図に追加」を選択します。公園レイヤーに新宿御苑が追加されたらOK!

アイコンを追加する

さらに、このレイヤーをマーキングしていきます。

マーキングはパネル下にあるぬり潰しアイコン(バケツ)から可能です。「他のアイコン」ボタンを押せば、その他の大量のアイコンから選択できます。


とりあえず花でも咲かせて、色も緑にしておきましょうかね。

長く使って行くつもりでしたら、最初の段階で色を、
緑→行ったことない
青→行ったことある
などの分け方をしておけば、後にカスタムしたあとわかりやすくなるためおすすめです。
僕はマップルールをレイヤ名に書いています。

ここまで行くルートも保存できる!

ピンしたスポットは目的地までのルートごと保存することが可能です。
例えば「渋谷から御苑に行きたいんだよなぁマジで」と思った場合は、新宿御苑を選択した状態で、パネルの矢印アイコンを押すと、サイドバーに入力欄がでます。

そこに”渋谷”~”御苑”と打ち込めばこのようにルートが出るわけなんです。
これがまた超便利!

風景撮る時は、「車で行くと何分」とかをメモって、日の出や日の入り時間がら逆算して出発時間を決めることができるんです。

単純に直線距離で図ることも可能です

その場合は検索窓下の定規アイコンをクリック。
任意の場所からドラッグすると、わかりやすく測ってくれます。

気になったスポットにマーカーを追加する

ここのスポット気になるけど、地図に地名情報がないから記録できない!という場合でも、マーカー追加機能で記録ができます。
これも検索窓下のピンアイコンを選択で追加できます。

このピンの使い方としては、細かいメモとして使っています。
例えばそのエリアからの撮影はよさそうだとか、ここは陽の光が入らないだとか、状況ごとにメモると後々役にたちます。

シェイプを描くこともできる

シェイプを作ることも可能なのですが、自分はあんまり使わないかな・・・ピンアイコンの右にあるパネルから制作可能です。

つかいどころどこ・・・?

エリアを共有する

エリアのメモができたら、当日お出かけする友人にも共有が可能です。パネルの「共有」をクリックすると、メールアドレスの打ち込みで共有が可能です。

これで行きたいお店を追加してもらえばさらに旅行が待ち遠しくなること間違いなしですね?

実際に行ったあと

mapを利用して撮影しましたでしょうか?
それでは、撮った写真をmapにアップして見ましょう。

アップしたい場所のパネル上にあるカメラアイコンをクリックします。すると以下のようにポップアップが立ち上がるので、アップしたいメディアを選択。

アップロードが完了すると、ピンの情報が以下のようになります。
再訪するときの参考として便利ですね。

終わりに

以上の機能をフルで使う必要はないと思いますが、なんといっても目的地までのルートを記録できるのは、風景写真などを撮っているかたにとって非常に便利なのではないでしょうか。

ちなみにブログ等に埋め込むことも可能です。ika

この機能を使ってもっと素敵な景色をみなさんがとってくることを望んでます!