写真

良い感じの写真が撮れたしフォトブックにしてみよう![photoback]

写真撮ってますか?iphoneでも一眼でもミラーレスでも簡単に撮影できる現在はまさに写真の大航海時代。と同時に、SNSの台頭が半端なく、大きめの写真でも気軽に簡単にネッへにアップできる時代です。

で!その簡単さのせいで埋もれている気がする出力物!

なんでもかんでもペーパーレスしやがって!紙の手触りの良さとかサイズ感の興奮、実際に見ているとい感覚、全てが素晴らしいのですよ!

というわけで過去の写真をまとめてみました。出力物に。

フォトブックのメリット

まぁなんといっても自分が撮った作品を手に取れることが最大のメリットです。できたブックは会社のデスクに置いていても良いと思いますし、家に飾ってもいいです。友人にわたしてもいいですね。物があるというのは様々な働きをしてくれるものです。

フォトブックはそのまま軽いポートフォリオとしても紹介が可能です。ほいっと手渡した友人から撮影を頼まれるなんてことも。

言うなれば常駐型のポートフォリオに近い働きをすると思います。インスタやその他WEBポートフォリオとは別ですね。2つあるのが非常に効率が良い。

一冊で世界観を演出できる

インスタの話が出たのでインスタで例えると、SNSって一つのアカウントで世界観を統一したほうが人気が出やすく、少し凝った方でしたら統一した世界観でアカウントギャラリーを組んでいるかと思います。

そこでのデメリット的には、統一させ過ぎて他の世界観に冒険しづらくなるということ。そんな冒険いらねえ!って方はいいですが、さまざまな撮り方、現像方法をためしたいという方もいらっしゃるかと思います。そんな方に特におすすめってことなんですね。

普通に思い出収納として使ってもいいですけどね!

使ったサービス

今回はphotobackというサービスを使いました。

使いやすいからというのもありますが、フォトブックのスタイルをいくつか選べるのがいいなと思ったからです。


選んだスタイルは写真を活かす最適なバランス。
正方形の「ラフ」。

軽い位置に置くポートフォリオを目指したのと、先程インスタの例をあげましたので、見せ方の近いに近いものを選んでみました。

サービスの使い方

まず会員登録を終えたら、任意のブックスタイルをつくる過程にすすみます。正直本家HPが非常に簡単かつ、誘導が丁寧なので詳しい説明は省きます。

さらっと説明しますと、組みたい写真を選択して、ドロップし、編集をスタートするんですが・・・

これがめちゃ簡単。レイアウトの必要がほぼなし。イラレの起動もなし。ブラウザ上ですべて完結。はやい。めっちゃ急いでつくってもクオリティが高くなるため、ブック化への敷居をすごく下げていて好感が持てました。

注意点

あまり印刷への知識がなくてもできてしまいますが、やっぱりいくつか注意点があります。

まずはカラープロファイルの問題。sRGBをベースとして制作されるので、AdobeRGBは変換してからご利用くださいとのことです。基本的にデジカメはsRGBでプロファイルされてるので大丈夫だと思いますが、一応確認しておくことをおすすめします。AdobeRGBだと暗くなってしまいますしね。

解像度に関しては、300dpi付近のものを使うといいと思います。基本的にWEBで表示する際には72dpiで十分になるのですが、印刷になるとそれでは画質が悪く見えてしまっておすすめできません。サイズに関しては編集時、投げ込むイメージ領域の右下に書いてありますので、そのサイズ以上のものを用意してください。

できたのでご紹介

編集後、数日で到着。特急便も使えるみたいですね。必要でしたら合わせて使うといいと思います。

あーやっぱ手に取るといいですね。本当に。デジカメ使ってるとデータでの運び方のほうが格段に多いですが、たまにアナログになると戸惑いがつきものです。

今はこのようにWEBサービスが多くありますので、ぜひつくってみてくださいね!