ブログ

写真好きやブロガーに、ポートフォリオカードという提案【無料配布】

ポートフォリオをつくったけどもなんとなく見せる場がないというみなさま、もしくは自分のブログをもっと広めたい!という方に、ポートフォリオカードというものを作ってみました。

記事下にダウンロードボタンを置いていくのでご自由にダウンロードしてくださいね!

※photoshopファイルになります。

ポートフォリオとは?

ご存知の方は多いと思うのですが、自分の作品をまとめたブックなり、作品サイトであったりといったものを総称してポートフォリオといいます。まぁ作品集のことです。

基本的にクリエイター職の就職には必須のもので、美大卒やデザイン学科のある学校の生徒は制作したことあると思います。

おすすめのポートフォリオサービス

最近はそのポートフォリオもWEBを使用して制作することが多くなってきたみたいですが、結構ポートフォリオの制作サービスというのは多いです。各サービスを使用すればhtmlやcssの知識がなくてもすぐに立ち上がってしまいます。

便利な世の中ですね!以下おすすめのポートフォリオサイトです。

Portfoliobox

こちらは僕が愛用しているサービスのポートフォリオボックス

使用した当時は英語のみでしたが、日本語にも対応していますね。カスタムのUIが使いやすくかつ、重くない印象を受けるので結構おすすめです。メールで他の人を紹介するとアップロードできる作品数が増えます。

課金システムもありますが、無料でも結構な数アップロードできるのでぜひ使用してみてください。

>Portfoliobox

IM creator

こちらもポートフォリオボックスに次いで、おしゃれに見せることのできるポートフォリオサービス。英語ができるかたはガチャガチャいじってみるといいかもです。

>IM creator

Format

写真を見せるのに特化したレイアウトが多く、写真好きは一度試してみてもいいかもです。

>Format

Adobe portfolio

Adobe portfolioはadobeアカウントを持っている(クリエイティブクラウド)方でしたら無料で利用することのできるサービスです。レイアウト数がちょっと少ないイメージですが、UIもわかりやすい上、なによりadobeと互換性があるのでカスタムしやすいです。adobe会員でしたらおすすめです。

>Adobe portfolio

ポートフォリオって結構あるよね

これらのWEBサービスでなく、前述したようにブックも持っているよという方もいます。というかTumblrインスタのギャラリーも行ってしまえばポートフォリオ。なにかをアップしている段階でそのページは本人のポートフォリオになりえるのです。

ブログをやっている方でしたら、そのブログが宣材になるので、もし何かの拍子に宣伝したいのであればそのサイトを紹介しますよね。それはもはやポートフォリオといってもいいと思います。ライティングの作品集みたいなもんだし。

そこで、話を元に戻しますと、紙のポートフォリオはリアルで合った人に対して見せるには非常に有用で、一番良い形式だと思います。

しかし作りやすいのはWEB。もちろん自分でhtmlから組むほうが自由も効いて良いですが、なかなかそうはいかない人も多いはず。そんなときは、上記サービスでサクッと作ったほうが良いですよね。

ただ、WEBのデメリットとして画面をみないと遷移不可能という点があります。画面なんか常にスマホという形でもってるわ!という方も、そのスマホでサッと見せると、相手のペースで作品を見せることや、そのサイトはその場で見せて終わりなんてことになってしまいますよね。
ここが紙のポートフォリオに負けてる点かなと思います。

WEBポートフォリオの欠点を改善する案

これを改善すべく、ポートフォリオカードというものを考えてみました。

カードのメリット

これをショップカード名刺のような使い方をします。ただし、それらと違うのはQRコードでポートフォリオサイトに飛ばすことに重点を置いているということ。

これをすることで相手ブラウザに一度自身のポートフォリオを読ませ、履歴を残すことが可能です。

それからこのカードを画像で保存しておけば、サッとスマホを出し、表示するだけで相手に読み込んでもらえるのでとてもスムーズ。速度制限がかかっていてもスムーズですね。笑

WEB主体でポートフォリオを制作していた方はいちいちメールでURLを送るか、自前のPCが無いときは見せることもできなかった(経験談。笑)かもしれません。

そんな方に使っていただけると嬉しいです。

カスタムについて

用意したファイルは、ロゴ、タイトル、URL部分のカスタムが必要になってきます。書き換えてしまえばアセットネーミングをしているので、アセット設定をオンにしていただければ勝手に画像が生成されます。

 

かっこいい画像がないよ!って方は以下より探すことができます。

>unsplash

QRコードについて

QRコードは以下のサービスつかってめちゃくちゃ簡単に生成可能です。

>QRコード生成

色やサイズを決めれるのはとても良いですね。

含まれているファイル

配布するファイルにはカードの他、Twitter Instagram Facebookのタイムラインそれぞれに合わせた宣伝用カードも生成しております。こちらもご自由にお使いください。

ポートフォリオカードのサイズは、現在iphone Xに合わせて作っておりますが、スマホ画角であればきれいに見えると思います。他、気になったら適宜カスタムしてもらって大丈夫です。

ダウンロードはこちら

落とせない方はこちらからどうぞ

※二次配布はおやめください。当サイトへの宣伝はもちろんおkです!

終わりに

使い方次第で、SNSのアカウントページにとばしたり、他経営しているECなどがあったらそちらに飛ばしたりもできますね。
というかここまで書いてて気づいたんですが、ちょっとインスタのネームタグに似てるな・・・。(焦)まぁいいか。

小さいですがこんな感じで、デザインやUXなどの知識を用いて写真界に貢献するのがこのブログの目的でもあります。

今後も役に立ちそうなものを思いつき次第つくっていきたいなと思っていますので応援よろしくです!