その他アクセサリー

ポートレート撮影の時に楽しくなる小物達10選!

ポートレートや風景写真で使うレンズやカメラ以外に、この道具を使うとこういう面白い写真が撮れるよ!というアイデアのまとめになります。

身の回りにあるものや安価で買えるものを中心に紹介しています。
さっそくいきましょー!

花束

ドライフラワーでも、簡易的な花束でも、ワンポイントとしてはかなり有用な小道具だと思います。花冠とかでもいいですよね。

個人的に、あまり派手すぎず、モデルさんを際立たせるくらいの色合いの花がいいと思います。ドライフラワーとかとってもおしゃれですよね。ドライフラワー。ドライフラワー全員買えって思ってます。

 

三角プリズム

これ見たの学生以来だわって方も多いのではないでしょうか。
この三角プリズム、撮影時にレンズの縁に斜めに当てがって撮影すると、上の写真のようになるんです。

これはプリズムが周囲のものを反射しているため、光源や色の強い物が周りにあると良いワンポイントになるんですね。個人的にはネオンがあるといい感じになりますね。

簡単に海外っぽくしたい時におすすめ!
あと反射の角度によっては、地味にも出ます。

ラップ

ラップ。

まさかのラップ。
どのラップでもいいです。くしゃくしゃにしてまたレンズ付近に配置して前ボケを作りましょう。
そうすると簡単に幻想的な前ぼけができるので、ごくたまに使用しています。

逆光気味だと最大の効果を発揮します。
光がラップにあたって玉ぼけになるんですね。

布/ウェディングベール

布は単に装飾としても使用用途は多岐に渡るんですが、例えばモデルさんに被せて斜め下からストロボをあてるとこのようになります。
他荷物が軽い時はなんとなく持って行ってたりします。

布にも多くの種類がありますが、おすすめなのがウェディングベール

amazonで2000円くらいで購入できますし、ウェディング以外のポートレートでも使い方次第で良い画が撮れますね。

クリアファイル+水ふき

とある展示会をきっかけに、雨に濡れた窓越しの写真が撮りたくなりました。
雨を待てばいいのですが、せっかちが故、自分で作ることにしてたどりついたのがこれ。笑

ファイルを通して写すことで、疑似雨の日の窓を再現することができます。

クリアファイルじゃなくてアクリルとかのほうが透明度が澄んでいるので完成度高いかも?
ただ、重いんですよね。アクリル。

撮影時は荷物を減らしたいことのほうが多いので、僕は軽いクリアファイルのほうを使用します。

プリズムシート

三角プリズムと似ているのですが、こちらもレインボーのあしらいを画面上に入れることができるツールです。

太陽光が必要ですので、逆光と合わせて撮影することが困難ですが、画面に虹を入れたい場合はおすすめです。

お菓子の箱

たとえばめんべいの箱。
これ、どうやって使うのかというとストロボにとりつけるんです。そしてストロボ直あてで使用します。


すると上記写真のように、明暗がはっきりとし、スヌートスポットライトに近い効果を得られます。
このストロボで相性いいなと思ったのはストリート系の写真や、クールなポートレートですね。
光のありなしがはっきり分かれるのでコントラスト強い写真に映えます。

ラメ

なんでもないラメですが、100円均一で得られる手軽さを誇り、その色は多色に渡ります。
背景に配置することでラメの一つひとつがボケて、f値を低くすれば簡単にきれいな玉ボケになります。

 

シャボン玉

シャボン玉なんかも意外とポートレートと相性良いと思います。
子供の写真や、ふんわりした雰囲気にはほしいものでもありますね

レインボゥスティック

「レインボースティック」ではなく正式名称は「レインボゥスティック」です。間違えないように。
これなにかというと、くるくると回すことによってまるでシャボン玉のように写真に打つせる物です。シャボン玉を飛ばすことができない場所で活躍しますね。
>詳細はこちら

終わりに

以上です!意外と使えそうな小道具はありましたでしょうか?

身の回りの物でもちょっと工夫すれば驚くワンポイントにつかますので、ぜひいろいろと試してみてくださいね!

ポートレートっていってもどこで撮ればいいんです?という方のために、都内周辺での撮影地メモも合わせてお読みください!

あわせて読みたい
都内で探すポートレート撮影地アイデア10選[東京]最近ポートレート撮影が多く、しかも毎回ロケーション撮影なので都度とあるなやみがあります。 それは撮影場所という問題・・・。 ...

ではでは。