レンズ

僕は50mmがきらいだ【sigma 50mm F1.4 DG HSM】

その理由を書き留めていこうと思う。

その1 画角がありふれすぎ

その50mmという画角は、誰が言ったのか人の視界に近い標準画角だという。
それ故自分の見たものをそのまま写すという感覚になる。

対して広角や望遠は、その画角特有の特徴があり表現によって当てはめれば使い易い。
たとえば広大な景色→広角、遠くの被写体→望遠などといった具合に。

自分の見たものをそのまま、ということはそのシーンを自ら見つけなければいけないし、なによりありふれている画角から出来上がる写真はとても“普通”である。

ようするに使い手の見つける力というものが正々堂々試される画角なのである。50mmだけのフォトコンとかしてみたら面白いかもしれないなぁ。

その2 被写体がくっきり写りすぎ

解像度が良すぎる。
ぼやけてアーティスティックになろうものなら、ありふれた画角をごまかせるのに、これじゃあ下手な人が扱ったら本当にありふれた写真しか量産できない。

特に少し絞った時なんかもうその切れ味は凄まじい。本当にその景色を切り取ったと言うのに相応しく、まるでスクショしたみたいだと思った。
そのためボディにもよるが、後からのトリミングにかなりたえられる
トリミング前提で撮ろうかと思ってしまうほど、撮っている人を怠惰な気持ちにさせしまう。

その3 空気まで捉えすぎ

僕はこのレンズの対局に位置するレンズはCarl Zeiss Planar T* 1.4/50だと思っている。
Carl Zeiss Planar はその空気感はまるで触れそうで、ふわとろスナップ写真を得意とし、とてもアーティスティックに撮影が可能だ。

対してこのsigma art 50mmはふわとろなんぞ知らぬというように、問答無用でくっきりと繊細に全てを写す。
Carl Zeiss Planarのようなアーティスティックな空気の写し方にはならないものの、artと名乗るだけあって、別の路線のアーティスティックさを見せてくれる。
アートに決まりはないんだと教え、使用者をとことん迷わせる。

その4 ボケがきれいすぎ

逆に開放に近づけてもその解像度は最上級。

低いf値で大きくぼかし、ピントがあったところは切れ味の良い画質で、撮る写真撮る写真作品レベルに昇華される
これでは被写体をちゃんと見る力がちっとも育たない。

一昔前のレンズでは解放f値にすると画質はわかりやすく落ちたと聞く。
僕は昔のレンズを使用したことがないため、この技術がどれだけ高いのか想像もつかない。技術者への感謝の気持ちも忘れてしまう悪いレンズである。

その5 手軽すぎ

解像度がよく、ありふれた画角を持つレンズはどの場面にも本人次第で対応できる。ポートレートなんかが特にそうで、ロケ撮影なんかでもその真価を発揮する。

画角が被ってようと持ち出したくなるこのレンズは自分の肩を壊すつもりでいるのだろう。

その6 値段が安すぎ

これだけの性能を持っておきながら、その価格は十分に手が届く範囲
これでは写真初心者が初めて買う単焦点の候補に挙がってしまう。これじゃあ巷に写真の上手い人で溢れかえっていないか心配になる。

ただでさえ自分の作品が埋もれているのにそんなことになったらマントラまで埋もれてしまうのではと思う。非常によろしくない。

だが、これを勧めることで世の中に綺麗な写真が増えるのであれば、僕はこれをみんなにしかたなく勧めようと思う。