写真

そもそも文字が入る想定って何?余白の種類とWEB用ストックフォト写真のコツ

写真撮影が好きな方は、ストックフォトなどで写真を販売する方も多いと思います。

そのストックフォトを買う人って、どんな人が多いかご存知ですか?

それは制作者ですね。ブログをやっている人から、制作会社、合成素材を探すアーティストまでその画像を購入したい人は制作者が購入の大半を占めています。

そうなると、ストックフォトで買われる写真というのは正直「写真として美しい!」というよりも、使いやすい、調整しやすく、イメージにあっている特徴を持つ必要があるんですね。

たまたま上手く撮れた写真をストックフォトに出してもいいですが、それだとあまり売れないという場合が多いのはそのためです。

ニーズをみて、それに対しメタってく。これがストックフォト攻略のカギかなと思います。あくまで購入側の意見ですが。ブログ運営と似てますかね。

コツその1 イメージを固める

どこにたいして使って欲しいのがを明確にしてみましょう。まぁこれはやっている方も多いと思いますが。

就職のサイトに使う写真にフード写真は使わないですよね!笑
極論かもしれませんがそういうことです。
さて、ここで明確にしてみるという点にもコツがあって、ペルソナを決めるということです。想像で大丈夫です。

ペルソナは制作者のペルソナですよ!
こういうサイトを作りたい人はこういうカットを欲しているだろうなと妄想を膨らませてリスト化しておくといいと思います。その想像が合致すればこちらも買いますしね。

ここでおすすめの方法を一つ。

pintarestで「WEBデザイン」と調べてください。そうすると、ページ上部に各ジャンルのバナーが表示されると思います。

狙いたいジャンルがあったらそのバナーをクリックして該当ジャンルのデザインをソートしてみましょう。そこで出てきた構図を参考にして撮ります。

「そんなところの構図なんか参考にしてもとうに撮られてるわ!」という方もいるかもしれませんが、正直製作者がから言わせてもらうと似たような構図でも「そこは左腕が前に欲しいんだよなぁ」とか「そこは逆向いてて欲しかった」とかの差別要因で購入を見送るということは多々あります。デザイナーはほぼ自分のイメージに沿ったものを欲しています。少しの差別化でもいいので撮っておくことをおすすめします。

「WEBデザイン」だけでなく、「〜デザイン」は参考になるとい思います。「バナー デザイン」なんかもいっぱい出てきますね。

このようにバナーやサムネイルなどの、サイズの小さいものはまた大きく扱う写真とは違うビジュアルで狙うことができますね。基本的にシンプルめなものがサムネイル等では使用されることが多いですね。

コツ2 余白を気にして撮る

通常の撮影とは少し違って、加工の隙を与えられた写真の方がストックフォトで購入しやすいです。僕は。

わかりやすいものの一つとして、余白がたっぷりとってあること。こうすると文字をそこに乗せることが可能なので、メインビジュアルや、少し作り込むようなビジュアルの場合ありがたみを感じます。

その余白という要素はいくつかあります。

単純に白い

背景が白バックや、白の壁、あえて飛ばしているなどの要因で、被写体の周りに余白を保っていただけると加工しやすいです。

大きくボケている

白背景と近いのですか、大きくボケていることで煩雑なイメージがなくなり、そのエリアに文字を乗せやすくなります。

これは景色でもポートレートでも言えるのですが、空があるとそこに何かの要因を入れる余地があると判断し、購入にいたることが多いです。

細かいテクスチャ

上の写真の通りなんですが、ごちゃごちゃした背景ですと読み取れるように文字を配置するのが大変です。できれば細かいパターンが敷き詰められている余白が良いですね。

色が均一

細かいテクスチャと同じ考え方なんですが、色も煩雑でないほうが余白として扱いやすいです。

 

コツ3 流行を追う

webデザインは、googleの動きに影響されて流行を変更することが多いです。最近多いのはマテリアルデザインですかね。フラットデザインの進化系です。

この流行、意外と撮影時の構図や色使いに対して影響します。
フラットでしたらミニマルな写真が好まれますね。かつフィルムライクに加工すると制作者としては扱いやすいです。

写真を普段から扱っていると、加工の簡単さからあえて加工しないでストックフォトにアップする方も多いと思いますが、フィルムライクや、繊細なレタッチ技術がないデザイナーも多くいます。一番良いのは双方をカバーしておくことですね。

終わりに

日々ストックフォトというのはそのストックを増やしていっています。ここの潮流に乗るかはみなさま次第です。

まだこれだけの写真が登録されている中でも制作中には一つのビジュアルに対してストックフォト1000枚は見ます。その中でイメージに合致したものを見つけ出そうと頑張っているのですが、まだまだ望んだシチュエーションがないこともあります。

ぜひ製作者を助けると思って、ストックフォトの写真を増やしてみてくださいね!