写真

日が傾く時間に、等々力渓谷を撮ってきた[東京]

都会の自然を愛する皆様こんにちは。都内のスポットとしては珍しい、渓谷が東京にあるのをご存知だったでしょうか?

今回は夕焼けに照らされる等々力渓谷付近を撮ってきましたので写真と共にスポットを紹介していきますね。

読み方はなんて言うの?

とどろき”渓谷です。轟じゃなくて等々力でとどろきって言うんですね。

撮り歩いてきた写真

はいこれ、このスポットの目玉であるゴルフ橋ね。

なんでゴルフ橋と言われてるかと言うと、もともとゴルフ場だったからだそうです。なんだかあんまり夢が無い感じですが、意外と歴史が古く、1931年くらい前までさかのぼった話だそうな。

付近に説明パネルが設置してあるので、気になったら読んで見ても良いかと思います。

特出すべきはその道の狭さ

道が狭い。最近都内はあらゆる場所がバリアフリー化しているので、この自然の中で落ちそうな道があるのがちょっとわくわくするのです。

そこそこな人混みの中歩くので、すれ違う時はちょっと注意が必要。

等々力渓谷は、光と反射の宝庫

渓谷だから当然なのですが、川が流れています。増水していない限りは、非常になだらかで、かつ流れもゆっくりなため空と木が映り込んでくれます。

いわゆるリフレクションですね。スナップしに来たのなら狙いたい被写体です。個人的に。

あわせて読みたい
リフレクション(反射)写真を撮る際に見たポイント!そこに水溜まりはありますか? こんにちは。自分が過去に撮ったことのあるリフレクションのポイントです。 他にも撮影したら随時更...

渓谷全体が木々に覆われているので、光の漏れる時間帯に行けば木漏れ日にあたった渓谷を収めることができます。
今回は16時に訪ねたので、少しの斜陽と、やわらかな光を得ることができています。

等々力不動尊

渓谷を進んでいくと、階段を登った先に等々力不動尊へとたどり着きます。

この時間帯の寺社仏閣もまた映えますね。

絵馬に草が生えてます。トロピカル絵馬

他、思わずスナップしてみたくなるものばかり。

等々力渓谷へのアクセス

都内にあると先述したのですが、これまた都会の端のほうとかではなく、二子玉川や、自由が丘に近い場所にあります。まさに都会のオアシス?
当然、休日に行くとちょっと人が多いなという印象ですね。

等々力駅から徒歩3分くらいで付きます。本当にすぐ。走ったら20秒。mapは以下です。

終わりに

というわけで、都会にもこんなオアシススポットがまだあったんですね。ここはポートレート撮影なんかにも使えそうなので、早朝に行って試したいところです。

ぜひPCばかり見ている平日を過ごす方は目を休めに行ってみてはいかがでしょうか。