撮影スポット

4年ぶりの東京雪景色の写真です。ストロボの設定で変化する雪加減も[東京]

東京に4年ぶりの大雪が振りましたね。ス・ゴ・イ

僕はというと電車が込みすぎててげんなりしたので時間をずらすために神楽坂、浅草寺の二箇所で撮影してきました。
とりあえずストロボで雪を撮りたかっただけ感は拭えないですが、鮮度の高い写真を貼っておきます。

神楽坂の雪景色

言わずとしれた石畳が有名な神楽坂です。
神楽坂にはいくつもの素敵なお店達がならんでおり、普段平日の夜は仕事帰りの方が一杯引っ掛けてたりしますが、この日はさすがに人影も少なく・・・

って思ったのですが意外とみんな飲みに来ていました。
帰宅時間をずらすためですかね?僕と同じですね。

神楽坂って行ったことある人ならわかってくれると思うのですが、大通りより裏路地のほうが写真を撮るには面白いと思います。
前述した石畳もほとんど裏路地にありますし、何より人が少なくいい雰囲気になっていおります。

そんな神楽坂の雪の日は如何ほど幻想的なのだろうと思って写真を撮りに裏路地に入ったわけですが

うんwww
石畳が雪に隠れて見えないwww(アホ)
でもまぁこれはこれでいいかなと思って数枚ほど撮りました。

別に言い訳とかではないですがストロボ直当てとかほぼやらないので加減がわからず結構苦戦しています。
出力上げて撮るとこんな感じ

強すぎ笑

下げるとこんな感じ

人入っちゃったけどいい感じ!

そんなこんなで体が冷えてしまったので(早い)暖かいミルクティーを買って帰ろうとしたのですが・・・
↑を見てわかるとおりあまり撮れてないことに気づいたので、雷門を狙いに浅草寺に向かいました。

浅草の雪景色


ああ!雷門!雷門だよぉ!

神楽坂でも数人写真家の方とすれ違いましたが、さすがは浅草寺。
雷門の前にはいっぱい三脚立ってました。

雷門くぐって進んだ途中、左折するとオレンジの街頭がある通りがあります。
知らなかったんですがここの街頭は夜10時あたりに消えてしまうみたいですね?帰りにはこのオレンジが消えてしまっていました・・・。


ここで一旦望遠に持ち替えました。
望遠の際はストロボの射角をズーム側、つまり大きい数値にまで持っていかないと雪がうまく反射してくれません
↑の写真の設定は多分105mmだったかな。

広角の場合は当然射角を広角側に設定すればいいのですが、望遠側にしたら周辺減光みたいになるんですかね?
今度やってみます。

五重塔です。スポットライトに照らされる雪がとてもキレイですね。


浅草寺本堂です。
本堂の屋根から落ちる雪の音がとても大きくてびっくりしました。

毎回思うのですが、写真で音を伝えるってかなり難しいですよね。
動画で撮っても実際の音とは違いますし、こればかりは実際に撮りに来た人のみが楽しめる要素なような気がしてなりません。
ここで屋根から落ちる雪を子供が避ける遊びをしていましたが、マジであたりそうで勝手にヒヤヒヤしてました。

とまぁ、かなり乱雑に撮り散らかした感がありますが、神楽坂と浅草寺の雪景色がどんな感じかおわかりいただけましたでしょうか。
今度雪が降ったら行くスポットに加わっていましたら嬉しいです。