ショップ

アーティスティックでかっこいい花束が欲しい人に。フラワーショップ「arbluem」。

かっこいい花束が見つからない。

撮影用にクールな花束が欲しいのに、よくある駅前の花屋で買おうとするとちょっと可愛い感じになってしまいますよね。

だからと言って自分で花束を組もうとしても、正直なところ写真映えするためにどう花を買っていいのかすらわかりません。

なので、かっこいい花束が必要な場合、そもそもお店自体がかっこいい花屋に行くのがいいのではと思いまして。
恵比寿のお花屋さん「arbluem(アルブルム)」へ行ってきました。

店主はFAA受賞経験のあるフラワーアーティスト

arbluem」の店主安井さんはフラワーアートアワード受賞という実力の持ち主。
そちらでの作品も素晴らしく、花の持つ魅力と、安井さんの感性を存分に乗せたもの。

フラワーアートアワードとは?

今年のアワードの正式名称はフラワーアートショーケースアワード 2019
in TOKYO MIDTOWN(FSA)
で、FAAと略されます。

出展、受賞された作品は東京ミッドタウンにて展示されます。どの作品も素晴らしく、時間を取って出展作品を見回したいアワードの一つです。

そこで安井さんは優秀作品賞準グランプリ 東京ミッドタウン賞 PRIX D’EXCELLENCE PRIX TOKYO MIDTOWNを獲得しています。

店主、安井さんの出展作品

受賞したことが十分に納得できる作品ですが、本人的にはグランプリを逃したことが非常に悔しかった様子。

見て取れるように圧倒的な世界観。

挑戦をやめない安井さんの今後の作品にも注目していきたいところですね。

店内の様子

ショップ内で爛々と咲く花たち。色数が多いにもかかわらず、ショップの個性が見て取れるようです。

個性が出ているのはおそらくこの安井さんの構成した花束がいくつも壁に配置されているおかげでしょう。ひとつひとつの作品が見応えありますね。

花を使用した人気インテリア、ハーバリウムも販売しています。

ポートレート撮影用の花を特別にこしらえてもらった

友人のよしみということで少しわがままを・・・。
その日の撮影衣装を見せ、花束をおまかせで作っていただきました。
それが上の写真。

出来上がった花束を使用して、撮影した写真がこちら。
見事に服と合ってますね。画面がグッと華やかになります。
本当に最高です。

逆光シーンでも小物として際立ってます。こんな花束を作ってもらって撮影意欲がわかないわけがないですね。ありがとうございました。

「arbluem」へのアクセス

アクセス情報は以下より。
恵比寿駅から徒歩7分ほどで着きます。
花に興味がある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。