撮影スポット

早朝の熱田神宮はとてもキレイな光を落とす[愛知]

愛知県名古屋市熱田区にある熱田神宮。
かの有名な三種の神器の一つ「草薙神剣」が祀られています。

その光の環境はまさにパワースポットで、ちょっと眠くても早起きして行くと満足の行くスナップを撮ることが可能です。

正門もしくは東口から入っていくのがおすすめ


正門、もしくは東口からはいれば緑の道からマイナスイオンというパワーを受けながら本宮に行くことができます。


東門から入った場合は突き当たったら右折すると本宮への道。木漏れ日と朝の光が道全体を照らし、通行人の写欲を上げてくれますね。

時間帯、朝の光で写す写真

神社等のスポットは参拝が目的ですので、参拝までの道に見つけたスポットがスナップスポットになりますね。

手水舎


ほとんどの神社にあるのが手水舎
朝の光を受けてきらめく水面は見ているだけでも心の静まる思いです。

飾り樽


こちらもよくある酒樽の壁。飾り樽
ちなみに飾り樽なのでお酒は入っていないことがほとんどらしいです。

絵馬


ここも神社の特徴がでるスポットですね。切り取り方の工夫を考えたいところ。

神楽殿


熱田神宮には神楽殿という本宮とは違うご祈祷を奉仕する比較的新しいキレイな社殿があります。現代の和風建築物。写真に映えないわけがありませんね。

本宮


さぁ本丸、もとい本宮ですね。ここに使われている木材もとてもキレイで、まるで新築。
昭和30年に造替されたとは思えないほどにキレイ。


吹き抜ける風もすべて邪気が抜けていくようです。
なんと爽やかな・・・!


ちなみに本宮の横には桜が咲いていました。

熱田神宮アクセス

神宮前駅より徒歩でいけますね。
名古屋駅からだと車で23分くらいで到着です。

終わりに


今回数枚に渡ってスナップスポットを紹介しましたが、名古屋最古の石橋日本三大燈籠日本三大土塀なんかもあり、その被写体幅としては豊富な場所でした。
訪問後に撮影依頼が増えたのはパワーをもらったからですかね。
お近くを通った際は、ぜひ参拝してみてはいかがでしょうか。