その他アクセサリー

berufのカメラストラップがかっこいいので、全カメラ男子におすすめしたい

かっこいいカメラストラップがない!

カメラストラップってかなりの数や種類が市場に出回っていますが、これ!と言ったアイテムと出会える確立って少ないですよね。絶妙にチープだったり、見た目がかっこよくても耐荷重が低かったりと、どこか一つが足りないなぁなんて思ってしまうのです。

耐荷重に関しては最近ではどのメーカーも十二分に担保されているのですが、まれにコンデジのみの対応などがあるので地味に要検討ポイントでもあります。

そんな中見つけたberuf baggageのカメラストラップ

以前使用していたストラップは革製品だったのですが、長期の間使っていたためちょっとぼろぼろに・・・。そのストラップの後継者として見つけたのがこのGIBBON 30という商品。

beruf baggageのブランド感

このブランドは自転車乗りに向けたツールを多く展開しており、全体的に都会的でシャープなデザインになっています。

制作は国内性。近年は海外の工場でも品質が高く、自分の中での国内産に対しての信頼性が相対的に下がっていましたが、やはりそこは職人の国。品質が良いと触ってわかるほどで、ストラップにあってほしい安心感が伝わってきます。

beruf baggage

“自転車のある生活” を楽しむ全ての人々をサポートする製品を提供することが私たちの使命です。
参考:公式HP

シートベルトのようなベルトが頑丈感を醸し出す

ストラップ部分、シートベルトを思い出させるデザインで、手前のストラップはchromeのショルダーベルトです。この素材が好きなんでしょうね僕。

長さは少し短めで、取り回しを重視

長さは以下です。

  • 66cm(ショルダーストラップ部分)
  • 34cm(カメラ接続ストラップ部分/片側)

自転車に乗りながらの持ち出しに長けているのか、ちょうどいい長さです。

標準のストラップ同じくらいの長さですが、これがスナップの場合かなり良い。腕にも巻き付けやすいし、だからといって首からかけづらいほど短すぎない絶妙な長さ。

僕は大きめなレンズをつけているのですが、ミラーレスなどのコンパクトなボディを使用している方はもっと取り回ししやすくなると思います。

カラーも豊富

当然のように黒を買ってしまいましたが、赤でもよかったかなと思っています。カメラボディの色、もしくは他のツールと合わせて選んでみてください。

カメラに付けた様子

実際につけるとこんな感じです。余談ですが、sigma artレンズのマットな質感ととてもマッチして、かなりかっこいいです。

ストラップ単体でなく、つけて完成される感じが良いですね。

終わりに

このストラップの前は革素材のものを使っていたのですが、やはり長期で使っていると少しくたびれてしまいます。うまくいけばそれが革の良さにつながるのですが、いかんせんカメラストラップは使用率の高いものなのか味が出たわけではありませんでした。

それ以外の素材感で選ぼうとすると意外とラインナップがなかったため、このストラップと出会えたのは良かったと思っています。peakのストラップほど他の人と被らないし、多色あるのもポイントですね。