チュートリアル

超簡単なのにプロ並みのレタッチ!cc2018で被写界深度を意識した背景のぼかし方[photoshop]

cc2018にフォトショップがアップデートされてから結構日にちが立ちますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回はタイトルどおりぼかしを用いたレタッチについて取り上げたいと思います。

使用するのは上の虎写真。
ズーラシアかどこかで撮影したものですが、背景の葉っぱなどがちょっと目立ちすぎてスッキリさせたいなと思うのです。
その場合にどういう操作が良いのかというのをメモがてらまとめてみますね!

被写体の選択でレイヤーの被写体を選ぶ

まずは写真をフォトショップで開いた後、レイヤーを複製し、同じレイヤーを二枚の状態にします。

その後、上部ツールバーにある選択範囲→被写体の選択でレイヤーの被写体を選びます。


一発で完璧に選択されることは少ないと思うので、写真によって適宜調整します。↑の写真はこの被写体の選択を選んで選択された範囲です。

マスクだけ見てみるとこんな感じ。数クリックでここまでの範囲を選択してくれるのはさすがですね!

細かい調整はお好みで。もちろん細かく調整したほうが完成度は上がります。

調整には右クリック→選択範囲とマスクや、alt+レイヤーマスクのサムネイルをクリックのち、ブラシ調整などの方法があります。
髪の毛や木々などの細かいものにはこの選択範囲とマスクが相性良しなのでこちらで調整してマスクを作成しました。

レイヤーの選択範囲内をコンテンツに応じて塗りつぶす

ぼかしたい背景レイヤーを選んだ状態で、先程かけたマスクの選択範囲を出します。

この選択範囲はマスクのサムネイルをCtrl+クリック(MacならCommand+クリック)で出すことができます。

その後、右クリックより塗りつぶし→コンテンツに応じるを選んでください。

この段階でのレイヤー順はこんな感じ

ただし、塗りつぶした後にも虎の輪郭がなんとなく出ている場合は、コピースタンプなどを使用して細かめに消していきましょう。
ここで消さないと、後ほど背景をぼかしたときにに輪郭の色を拾ってしまい、ばっちくなります。

ちなみにぬらないで背景をぼかすとこうなります↓

 

輪郭を消す前と消した後のイメージも載せておきます。そこまで綿密に消さなくとも大丈夫です。

背景をぼかす方法はチルトシフト機能を使用します。

 

背景レイヤーをぼかす

 

ぼかしたい背景レイヤーを選んだまま、ツールバーの フィルター→ぼかし→ぼかしギャラリー→チルトシフトを選択します。

チルトシフトというのはミニチュア風の写真によくつかわれるぼかし技法ですが、このように背景にむかってだんだんとピントがずれている写真にも有効活用が可能です。


つまり、このチルトシフトを使用して足元の地点より背景部分をぼかしたいため、画像のようにピンを配置します。

これによって手前にジャスピン、背景がボカシというシミュレーションができましたね。

ピンを打ったところの上部に点線がありますが、この点線を中心になだらかにボケていくイメージですので、写真によって調整が必要になります。

この写真の場合は元々多少ぼかしていますが、もう少し背景をぼかすことで被写体(この場合はトラ)を浮き上がらせたいので、強めにぼかしをかけます。

完成!

ここまでで一応完成なのですが、背景にしかぼかしをかけておらず、虎のしっぽあたりにピントが合っていて、その周辺の岩にはピントがあっていないという不思議なことになっていますので、ぼかしツールなどを使って全体のぼかし方を細かく調整していきます。

ぼかしを入れていない写真と比べるとこうなります。

最初よりずっと虎が浮きだったかと思います。

ついでに色彩調整や周辺減光もいろいろやっていくと最終的にはこうなりました。

調整することでかなり違いが出たかと思います。

ぼかすのみでしたら、ぼかし(ガウス)で大丈夫なのですが、この方法だと被写界深度を意識した加工が可能ですね。

簡単ですので是非お試しくださいませ!