レタッチ関連

写真に文字入れデザインしてみたい人のための英文フォント別制作事例

チーム「写真に文字入れたい」のみなさま

本記事は、主観ですがこの雰囲気ならこのフォントが合う!と思ったものをまとめたものです。

ただあまりに主観のため、ただの参考程度に見ていただきたく。

ご自分の写真をデザインする方やデザイナーの方向けに書いています。

写真に文字を入れる??

んなもん邪道や!と思うかもしれませんが写真を写真のみで完結させない場合はデザイン上よくある処理ですよね。バナーとか。

普通に文字入れて遊んで見てもいいですし。

ただ、制作する際に文字を入れる場面が出てきた時、知っておいたほうが良いと思うのは各フォントの特徴出来上がりのイメージですので、代表的なフォントで実際に加工してみました!
あくまでフォントの雰囲気を見ていただきたいため、可読性をあげる以外の余計なデザイン処理は極力省いております。
一部をのぞいて

サンセリフ体

サンセリフっていうのはひげ(はね)がない書体のことです。
大体、洗練されて無駄のない印象を与えることができます。
サンセリフで人気なのはgill sansとかabel、それからHelveticaですかね。
もちろんサンセリフと一口にいっても様々な種類があり、またそれぞれに個性があります。

Helvetica

おそらく世界中で一番使用されているフォントなのではないでしょうか。
かのTOYOTAのロゴもこのHelveticaですね。

 

その読みやすさや美しさはフォント界の王様です。悪い点といえばデバイスフォントにしてくれってことくらい。
個人的にHelvetica neue(ヘルベチカ・ノイエ)Ultra lightあたりまで細くしたものが好みです。

 

Helveticaは細くすれば繊細なイメージ合わせることができて、太くすれば大胆な顔に合わせることができるので様々な雰囲気に合わせることが可能です。
そもそもHelveticaが人気になった理由として、フォント自体に特徴がなく、どんなデザインにも合わせることができるとい点があるのでそれは写真にも言えることかもしれないんです。

 

とはいえ、どんなものにも合うよ!と言われても逆に困る。
今日の晩御飯何がいい?「なんでもいい。」くらい困る。

 

というわけで一応作例として制作してみましたので、ご参考までにどうぞ。
文字入れてみた:
こんな感じになりまうす。

 

↓写真はこちらを元に制作してます。↓

あわせて読みたい
皆既月食に向けて!月の写真を合成する方法チュートリアル!2018/01/31 皆既月食です。 知ってましたか?当然僕は知りませんでした。 直前にブログ書いてますしね。 今年の...
似たようなフォントとしてArialUniversがありますね。
windowsユーザーはHelveticaがないのでArialの方を使用してもいいと思います。

 

反面Universはちょっと文字組みが大変です。
カーニングに慣れている方でなければ使わないほうがいいかも?
Latoとかでも代用可です。まぁ好みの問題ですね。

Gill sans

ジルサンズって読む方が多いですが発音はギルサンです。ギルさん。
僕が一時期一番好きだったフォントですが、使い過ぎてることに気づいて以降、デザインの幅が狭まることを恐れてなんとなく避けてしまっています。笑
でもかっこいいの。ホント。

 

主にアーバンなフォトだったりストリート系フォトに合う感じです。

 

Boldまでウェイトをひきあげる時は、文字の横幅を96%くらいにしているのが好みです。
Boldでそのままだとちょっとおデブなイメージなので…。

 

それと、個人的にですが大文字のほうがかっこいいです。
が、長いコピーで全て大文字にしてしまうとなんだか叫んでるように見えるので、良い塩梅を見つけて使用しましょう。

 

文字入れてみた:

 

Futura

 
高尚なイメージ。いくつかの高級ブランドロゴに使用されており、意外と見る機会が多いです。
neverにもまとめがあるほど

 

 

見た目的にはバウハウスデザインを彷彿とさせますね。
ミニマルなデザインや、写真に合いそうです。

 

文字入れてみた:

 

セリフ体

GARAMOND

クロード・ギャラモンによる、オールドフェイスの代表格。
トラディショナルデザインならこれ使っておけばイカしたものができるイメージがあります。

 

僕が知っている限りでは、イタリック体が見当たらないのでご注意を。

 

文字入れてみた:

 

Century

元は雑誌フォント。
受けるイメージはトラディショナル。
Times New Romanなども近いイメージですが、Timesは新聞に使われており、日本語フォントでいうところの教科書体に近い位置です。

 

文字入れてみた:

 

Bodoni

ジャンバチスタ・ボドニによるモダンローマンフォント!
セリフ体のなかで一番好きです。マジで。かっこいい。

 

文字入れてみた:

 

TRAJAN

こちらもファンの多いフォント。

 

意外と読み方を間違えている方が多いのですが、
×とらじゃん
ではなく
◯トゥレイジャン
です。
このフォント、小文字がなく、スモールキャピタルと呼ばれているフォントの一種です。
ですので、細かい読み文字よりもタイトルデザインに適したフォントです。
これ使うだけで映画のパッケージっぽくなりますもん。
現にタイタニックのパッケージとかは、このフォントを使っています。

 

文字入れてみた:

 

手書きフォントとかは別途それぞれのイメージがわかりやすいと思いますで、使用の際は基本的に雰囲気に合わせるという点に配慮していただければかっこいいものができるかと。

 

ダウンロード先

上記のほとんどのフォントは、以下よりライセンス購入できます。

 

そして個人的に今キてるのは手書きフォントはagainstです!!!!
こちらで配布されております。(商用利用は禁止だったはず・・・)

終わりに

お気に入りのフォントは見つかりましたでしょうか?

いい文言が思い浮かんでもsnsキャプションで書くだけでは味気ない・・・。
でも、相性の良いフォントを選定して写真に書いたら、もうそれだけでそうPoetry photoの完成です。んMarvelous。

 

ポエムが思い浮かばない?名言集から引っ張ってくればいいんですよ。
テキトーにググって、自分の思いに近い文言を引っ張ってくればOKです。
英文わかる人は別ですけどもね!

 

ぜひフォトショや画像処理ソフトをお持ちの方は作ってみてくださいね!