撮影スポット

皇居の桜スポット!見頃の千鳥ヶ淵で撮れる桜はこんな感じ!

もうすぐ3月!!3月といえば、桜!

え?桜って4月じゃないの?って思う方もいるかもしれませんが、東京付近は意外と3月の後半から咲き始めるんです。もちろん4月も咲いていますが。

こちらのサイトによると3月の下旬から4月の上旬にかけて開花するそうですね。

東京の桜の名所といえばいくつもありますが、その中でも皇居周辺の桜並木は非常に良い写真を撮ることが可能です!

皇居の桜スポット・千鳥ヶ淵


例年桜のイベントが開かれているここ千鳥ヶ淵ですが、今年も行うみたいですね。

※本記事記載の写真はすべて昨年に撮りちらかしたものになりますのでご容赦ください。

まずここのスポットの特徴のひとつとして、花見の場所取りの範囲が制限されていることですね。多くの人が来るため、その人達が歩く通路は確保されているようです。

そんな千鳥ヶ淵はこちらにあります。

誘導ルートもあるしどこから行ってもいいのですがおすすめの最寄り駅は九段下駅からのルート。
そこ意外ですと半蔵門駅からでも行くことが可能です。

昼と夜で違う桜の表情が見れる


最近の桜の名所は行っているとことも多いのですが、日没後(6時)~10時あたりまでライトアップされて、見慣れた昼間の桜とはまた一味違った写真を撮ることができます。

実際にみるとやっぱりキレイでしたね。その日のうちに現像作業をするとテンションあがってクッソ派手に現像してしまいます。後悔はしていない。

このスポットはお昼にいくとこんな感じ

同じスポットとは思えないほどまったく雰囲気が違いますね。

木邪魔・・・。

ボートと桜


千鳥ヶ淵は午前9時~午後8時30分でボートに乗ることが可能です。
なのでそのボートと桜を絡めて撮影することができるんです。

ボートを利用するお客さんは結構多く、油断するとぞくぞくと画角に入ってきてしまいますので構図的に満足するまではまで粘る必要があります。

ですがここのボート数は多いので、少ないよりはさほど時間をかけずに撮影可能ですね。

 

桜田濠の水に桜のリフレクションができる

水辺沿いに桜が咲いているスポットは目黒川など都内にいくつもありますが、ここは川(?)幅が広く、さらに夜になるとライトアップされるのでキレイにリフレクションしてくれます。

風のない日だともっとキレイに反射してくれると思います。

ただライトアップ時間が10時までなのでご注意ください。なんの予告もなく消えますので笑

このリフレクションは結構いろいろな角度で狙うことができ、撮影していて普通に楽しいです。

シャッタースピードも1/100もあればよく反射します。

周辺の道

この千鳥ヶ淵は周辺をぐるっと散歩するとまた良い場所がいくつもあります。

遊具とコラボレーションしたり。

風に舞う花びらだったり。

あと時期的に菜の花も絡めて撮ることができます。

上記の写真は江戸城跡 石碑の周辺で撮ることができます。
場所はこちら。

おわりに

とまあ皇居周辺って見どころだらけで本当に飽きませんね。

今回は桜だけですが、写真を載せたとおり何回かにわけて撮影にいっていますし、それだけ魅力がある場所です。
今年も撮影しに行く予定ですのでその際はまとめていきたいと思います!