撮影スポット

みさきまぐろきっぷはアクセスも良し、写真を撮りに行くのにもおすすめ![神奈川]

まぐろフォトグラファーのみなさま。
みさきまぐろきっぷを使ったことありますか?

僕は何回か行ったことある上にまた行きたくなってきたので、ここに撮った写真をまとめてみたいと思います。

三崎口ではこんな写真が撮れるのか程度の参考にお読みください。

みさきまぐろきっぷとは

みさきまぐろきっぷは、京急電鉄から出ている三崎口への電車、バスの切符と、まぐろ関連のランチ券、さらには水族館や土産屋などの加盟店のチケットまでついてすべて3000円前後で楽しめる素晴らしいセット切符です。
一番遠くの駅で品川発の切符が出ていて、それらは京急の切符売り場で普通に購入が可能です。

三崎口アクセス

肝心の三崎口は以下にあります。
品川から約1時間15分といったところですね。快特に乗ればそこまで遠くはないと思います。
京急の快特は地味にわかりづらいのでお気をつけください。僕は最初に乗った時各駅停車に乗っていて無駄に時間をかけてしまいました。

みさきマグロ切符なしでですと、品川~三崎口までは926円。
往復で2000円近くになる上に、現地に公共交通機関で行くと、バスでの移動はほぼ必須になりますのでバス代も含まれるみさきまぐろきっぷのほうがお得ですね。

各お店の混雑状況も確認可能

以下リンクから混雑状況が確認できます。
お店の混雑状況
このシステムがある時点でわかるんですが、現地は休日に行くと結構混んでいます。
当然です。まぐろが絶品ですからね。

おすすめのお店に関してはすいません、4店舗ほどしか行っていない上に店名を思い出せないので書きません。とろまぐろみたいなのがマイベストデリシャスマグロ丼ですが、どこ入ってもおいしかったのでご心配なく。

ですので、大体みさきまぐろには午後1時かそれ以降に着くように調整すると結構ちょうどいいと思います。
写真目当てじゃなくともカップルやお子さん連れの方が多く訪れていますしね。

海岸の潮風を感じて


さてたらふくになったのでそこらを散歩しましょうね・・・って感じなんですけど、まぐろきっぷの提携店で水族館や温泉に行かずにお土産を買おうとしているあなた。
お土産やさんは5時くらいに閉店してしまいますので、荷物になるから帰りにしようとすると、結局交換できずじまいだった僕みたいになるので早めに交換しましょう。

水族館や温泉に行かれるかたはこのままそちらへ行くことになります。
写真撮影をメインで考えていた方はおそらく三崎口の夕日が一番のお目当てになるのではないでしょうか。

なんとメモリーカードの破損で、見事に夕日の写真データだけなくなってしまった僕ですが、その夕日たるやかなりのものでした。

背の高い岩に松が生えているスポットを見つけて、そこと夕日を絡めたりしてたんですけどね・・・潮風のせいか?

別日に行った夕方の写真は残っていました。

 

ここ三崎口じゃないじゃん・・・

周辺も撮影スポット

そう、三崎口は三崎口だけじゃないんです。ちょっと夕日スポットである城ヶ島公園より少し離れたところにある宮川公園も、風車がある撮影スポットとなっております。
場所は以下。

あとあたりには動物がいていい表情をしてくれるんですねえ

にゃーん

夕日スポットに興味のない方は海岸沿いを散歩してみるのも一つの手かもしれませんね。
高台にあるため広めに海が望めます。

 

とまあモデルコースではないところを撮影してまわりましたが、漁港には魚目当てか猫が大量発生していたり、とんびが田んぼに降り立っていたりと結構被写体には困らない場所だなと思います。

次は切符つかって水族館で撮影しようかなー。

休日のご予定にいかがでしょうか。