撮影スポット

とにかくエモい!アメリカに来たかと錯覚する福生市ポートレート[東京]

日本で海外っぽい写真を撮りたいとき、みなさまはどこを思い浮かべるでしょうか?

自由が丘ラ・ヴィータ?横須賀?それとも入間?

もし福生市が入っていなかったら、この記事を読んで、その候補に入れていくとよいと思うのです。その理由を紹介しますね!

アメリカンな福生市の特徴

東京都の多摩地域中部にある市です。
在日アメリカ空軍横田基地が市の東側に存在し、そのせいか付近の道にはロスっぽい建物が多く立ち並びます。USA!

ダイナーやアメカジの服や、謎アメリカおみやげ屋など、歩いてるだけでもかなり面白かったです。

他にも横浜の横須賀付近等、アメリカナイズされた街はいくつかあるのですが、個人的にはここが撮っていて一番画になると思っています。あと結構それらが並ぶ道路が長い。じっくり歩きながら撮影できるわけなんです。

こんなに洒落た雑誌っぽい写真が撮れる

洒落た雑誌っぽいというのは、つまりファッションフォトにおすすめということです。

そんなわけで雑誌っぽく加工した見せ方で撮った写真をご紹介

福生市の写真01 福生市の写真02 福生市の写真03

 

落ちている小物や装飾にも注目で、この付近にはカラフルなトラックすら通過してくれます。偶然通ったら逃さず撮りましょう。

ダイナーで食べたハンバーガーもとても美味しく、時間を取ってポトレ撮りにいくならおすすめです。そのダイナーは店内がとても素敵で、交渉したのですが撮影禁止だったのでお気をつけください。

福生市へのアクセス

アクセスはこちら。都内だからと言って油断してると、出発場所によっては結構時間がかかる位置にあります。

大体東京からだと、電車で1時間ちょっとってところですね。

終わりに

「お?写真撮影か?うちも撮ってインスタ載せてくれよ!」と言ってくれたり、全体的にかなり温かい街でした。大好きです。ありがとうございました。

みなさまもアメリカに行った気分を味わいにだけでもいかがでしょうか。