写真

2019年、カメラを初めたらこれだけは試したい基本的な撮影上達のアイデア5つ

写真撮影に慣れてきましたか?
それともまだカメラを買ったばかりで、設定は知っているものの、上達する方法がわからないという方もいますよね。

そんな方々のための、気軽にできるワンランクアップ表現方法をいくつかまとめています。

超解像度を試してみる


風景写真における基礎の基礎。慣れてくるとないがしろにしがちな部分ですが、今一度おさらいがてら”ブレ”がないものにしていきましょう。

ブレを回避するやり方は意外といくつかあって、ただシャッタースピードを上げればいいってものでもないのです。

三脚を使用する前提で紹介します。

ミラーアップ撮影

一眼レフを使用している場合、ミラーショックを避けるためミラーアップ撮影をします。
ミラーショックとは、撮影時にミラーが跳ね上がることによって少し振動を与えてしまう現象です。

この振動すら許せない時に使用するのが、ミーアップ撮影。実撮影時から少しずらしたミラーアップを行うことで振動を避けるモードになります。

やり方は簡単。カメラ上部のダイヤルにある”M up”に合わせるだけ。(nikonの場合)
その状態で撮影することによって、一回目のシャッターでミラーアップをストップ、二回目のシャッターで降ろす、という撮影方法にすることができます。

レリーズ・バルブ撮影

撮影時にシャッターボタンにふれることによって、ほんの少しの振動がでてしまいます。三脚に乗せていても、筐体に触るという行為はそれだけでブレを生む行為なのです。
そこで必要なのが、遠隔、もしくはタイマーでシャッターを切るということ。

タイマー機能でしたらレリーズはいりませんが、どうせなら自分のタイミングでシャッターを切ったほうが良いですよね。
他にもレリーズをなぜ使用するかを以下にまとめていますのでお読みいただけると幸いです。

あわせて読みたい
一眼レフカメラでレリーズ使う意味って何?おすすめのレリーズも!レリーズ。 それは手ブレを抑えるためにはほぼ必須の外部ツール。 一眼レフで写真を撮影する際、本当にブレないようにするためには...

ちなみにレリーズは充電切れを危惧してワイヤレスは個人的に勧めてません。まぁここは好みですね。

各レンズのf値で、一番キレッキレの部分で撮影

レンズはf値によって解像度に差がでてきます。各解像度は各使用者が検証で出してくれている情報をもとに判断、もしくは自分で検証してみて覚えておくと良いです。

大体5~11の間のf値で多くのレンズは真価を発揮します。調べるのが面倒であれば、f8あたりで撮影します。

シャープネス処理

解像感を十分にうつしているのであれば、これは必要ないかもしれませんが、各写真編集ソフトでシャープネス処理を行います。

どのデバイスで見せたいかによってもシャープネス処理の差は出てきますので、シャープネスかけすぎに注意です。

ピンボケでの表現に挑戦してみる

ジャストピントのみが正義じゃない!というわけで、ピンをはずした表現にも挑戦してみてはいかがでしょうか。
付随する印象としては、「あいまい」や「浮遊」、「幻想的」等の意味があるかと思います。
場面に応じて積極的に狙っていくと、新たな自分の表現に巡り合わせるかもしれません。

白黒写真に挑戦してみる

後加工でなくとも、「モノクロ」モードはほとんどのデジタルカメラに機能としてあるかと思います。

色というのはそれだけで情報になりますので、それらの情報を削ぎ落としたモノクロのうまい見せ方、身につけられたら表現の幅が広がりそうですよね。

建築物の写真などはモノクロにするだけで、簡単にアーティスティックにすることが可能です。

ライティングに挑戦してみる


ライティングというのは光を作り、コントロールする行為です。機材を揃えなければならないため手を出しづらいし、ハードルが高く感じるかもしれません。

ですが、むしろ最初にこの光のコントロールを覚えることができれば、日常的なスナップ撮影にそれらの知識を総動員でき、よりよいスナップ生活が送れるのです!嬉しい!!

ライティングを始めるにあたってのアクセサリーは以下より確認できます。

あわせて読みたい
内蔵ストロボを100円でバウンスさせる方法を発見しましたクリップオンストロボを持ってない!そんな時に限って物撮りを頼まれることありませんか? フォトグラファーじゃない人に対しての急な撮影...

動体撮影に挑戦してみる


基本的な撮影に慣れてきた方は、一度動体の撮影に挑戦することをおすすめします。
普段の撮影の感覚で、かなり早い被写体を見るとおそらく殆どの方は被写体を追うことが難しく感じると思います。

それは動物園でも、運動会でも良いのですが、極限の速さを捉えられる航空祭やバイクレースのほうがおすすめです。

というのも、ちょっと真面目な話、人間はスキルアップの際の上達スピードというのは

「同じ練習を少しだけする」<「同じ練習方法をひたすら繰り返す」<「いろいろな方法で工夫した練習を繰り返す」

という順でアップするのです。そのため、一つのジャンルのみを練習し続ける人よりも、メインのジャンルを保持しつつ、少しジャンルを変えて工夫して練習する人のほうが上達スピードは早いということなのですね。

その違うジャンルというところに動体撮影は結構当てはまっていると考えています。
なぜなら単純にめちゃめちゃ難しいから・・・。笑
バイクレースの場合、いくらスナップ撮影に慣れている方であろうと、連射した全てに選手をど真ん中日の丸構図に捉えることすら怪しいです。絶望します。

もちろんシャッタースピードを上げれば捉えることは簡単なのですが、これではアーティスティックな写真とは程遠いものしか移りません。
かといって流し撮りレベルまでにシャッタースピードを下げると、そもそも捉えられないなんてことが多々あります。

ところが、撮影をし続けているとなんとなくコツを掴むことができ、累計3000ショットくらいでようやく捉えられるかな?といった上達を肌で感じることができます。その感覚が結構重要で、自分が上達した!と数値化できない撮影というジャンルにあまりない上達感を得ることができます。

これは全ジャンルの撮影モチベーションに直結しますのでおすすめというわけなんですね。

あわせて読みたい
動体撮影って難しい・・・!バイクレースを撮っていて難しかったポイント5選久しぶりに写真撮ってて、難しすぎてまともに撮れないなと冷や汗をかきました。 写真好きのみなさまでもバイクレースにはまだ挑戦してない...

終わりに

というわけでさくっとワンランクアップさせるための体験をいくつかまとめてみました。今年の目標が写真の上達という方がいれば、ぜひ一度挑戦してみてくださいね。