その他アクセサリー

一つ持っておくと便利。「懐中電灯」で遊び心のあるポートレートを演出。

懐中電灯、今や一家にひとつはある非常用のお助けアイテムとして名高いですが、今回はこれをポートレートに使ってみます。

使い方によっては表現の幅を広げることができるので、そのやり方や作例をまとめてみました。

懐中電灯はそれ一つでいろいろな表現ができる

ストロボなどの光源は、セットして、予め計算して、設定してなど、緻密な作り込みが可能で、アクセサリーによっても様々なクオリティの光質に変化します。

ところが懐中電灯は手軽意外にメリットが無いです。常に光っているからモデルさんからすれば眩しいし、光量によって買い換えないと行けないのでコスパも悪い。その上ちゃんと照らせる光量になるとデザイン性も(個人的に)あまりよろしくない。

なので、普通は注目されないアイテムなのですが、この不完全さがまったく面白いポートレートを作り出す要因なのです。

上記のような写真も懐中電灯で照らしたものです。完璧な図解で現場の様子を再現しましたので参考までにご欄ください。

わかりやすいですね(ですね)。ジャバラ式のようなクローゼットドアをモデルさんの横に、煽るように懐中電灯を照らして光源をこのようにバラけさせたものです。インパクトのある画になりますね。

ちなみにストロボアクセサリーに”ゴボ”というマスクのようなものがあり、似たような演出ができるのですが、身の回りのものでも可能ですので、スタジオ内を探してみるのも手だと思います。

光の質が悪いことが”メリット”

懐中電灯は、光の質が悪いことが良い。

どういうことかというと、フィルムの粒子感、インスタントカメラのエモさのようなものを醸し出す要素が懐中電灯にも含まれているという考え方です。

懐中電灯といってもストロボと考え方は同じ。直に当てるも良し、反射させるも良し、カラーフィルムを付けてカラーシフト演色するも良しの光源アイテムです。上記の写真も懐中電灯にブルーのフィルムをかぶせて照らしたもの。

懐中電灯の他にカラーフィルムが必要なので少し手間ではありますが、このような使い方もできるので紹介いたしました。

写真撮影に使いたい時の懐中電灯の選び方

とは言っても、コンビニに売っているような懐中電灯では肝心の光量が足りないため家電量販店に売っているようなちょっと高めのものをおすすめします。もちろんそこまで高い物を買う必要はありません。

選ぶのが大変な方のために、おすすめしたいのが懐中電灯がGlanzシリーズ。光量は280lm以上あればいいんじゃないかなって感じですが、撮りたい環境に応じて選んでみることをおすすめします。

使用上の注意点

当然ですが、ものによっては非常に強い光量なので、モデルさんからしたら眩しいこと極まりないです。どのくらい光るかを事前に見せておき、光源を顔から外すようにしましょう。

フィルム調レタッチと相性が良い

この記事に載せている写真はすべて懐中電灯を用いたポートレートなのですが、昔のフィルム映画のような表現に近くできるようです。

昔風レタッチといっても、加えるのはノイズではなく、”粒子”として後から加工すると良いかと思います。そうすることによって見づらさを排除して制作することが可能です。

終わりに

そんなわけで懐中電灯を使用したポートレート撮影の紹介でした。一番近いストロボアクセサリーで言うところのスヌートですが、安く買えるのであればそちらを買ったほうが良いですよね。

他にもポートレートに使えそうな小物を以下に紹介していますので、気になった方はぜひ一読後、小物を使ったポートレートに挑戦してみてくださいね。

ポートレート撮影の時に楽しくなる小物達12選!ポートレートや風景写真で使うレンズやカメラ以外に、この道具を使うとこういう面白い写真が撮れるよ!というアイデアのまとめになります。 ...