撮影スポット

日本に野生の馬がいるって知ってた?幻想的すぎる都井岬の風景【宮崎】

もしコロナが収まったら、このスポット目指して旅行するという計画をたててくださると嬉しいですねって場所を紹介。

今回はなんと、国内でありながら”野生の馬”がいる都井岬

九州に言った際にその話を聞きつけ、実際に写真を撮りに行ってみたところ、かなりの幻想感でした。扉絵がそこで撮った写真なのですが、撮るための場所や時間などの情報を色々整理していきたいと思います。

都井岬は宮崎県串間市の不思議なスポット

ここにはソテツという南国感あふれる低木があり、岬の方は森ではなく芝になっているためどこぞのゲームのステージかのような風景が広がります。

そして灯台も。この都井岬灯台は九州で唯一展望まで登れる場所らしいのですが、開始は朝9時~。自分は早朝に行ったのでまだ空いておらず、登ることを断念しましたが、都井岬に来たのであれば是非立ち寄ってみたい灯台です。

肝心の馬は結構いる

とはいえ野生の馬なんかそこまで楽に発見できないだろうと思っていたのですが、あっさり見つけることができます。それどころかゴリゴリに道路に出てくるので、かなり気を使って運転しなければなりません。車にはかなり慣れている様子で、ライトを点灯した状態の車がすぐ横を通っても見向きもしませんでした。

ちなみにそこらの動物園のように柵が張り巡らされているわけではないです。サファリパークみたいな感じ。

マジで草ばっか食ってる

馬って駆けてる姿が美しいと思うのですが、ここの馬たちが走ることはあまりなさそうです。晴れていたらまた違ったのでしょうかね?

僕が行ったときは地面と口が一生離れない馬たちだらけでした。それはそれでのんびりしていてとても癒やされましたけどね。

朝5時くらいから4時間ほど粘ってたのですが、上の写真がぎりぎりのライン。現場が幻想的すぎて、どう撮っていいのかまったくわからなかったため帰ってきて見返し、もうすこし近づけばよかったと後悔しました。

アクセス

そんな都井岬の場所はこちら。コロナ明けまで旅行は行けないですが、もし明けたら行きたいリストに入れておきたいスポットですね。

僕もまた晴れの日にリベンジしたいと思っています。今回は朝日×馬を見たかったのですが、悪天候すぎて逆に幻想的という、運が悪いんだか良いんだかわからないカードを引いてしまったので再訪します。

それでは。