写真

梅の花が見頃!レンズは何をもっていけばいいの?

春先というと桜の花ばかり注目されがちですが、梅の花もとても綺麗です。
メジロが梅の花にうもれてる写真なんかもよく見ますよね。

とか行って上の写真はカンザクラですけどねww

俗に梅とメジロでウメジローとか言ったりするんですけど、このウメジロー、実は都内で撮影可能なんです。

梅の花スポット

梅って結構咲いているので近所でもいいんですが、やはりその木の数が多いほうがメジロちゃんが来てくれます。
新宿御苑は約300本の梅の木があり、撮影スポット自体もとても豊富。

もっと梅の木の本数が多いのは上野の近くにある湯島天満宮や、渋谷近くの羽根木公園があります。

湯島天満宮

羽根木公園

羽根木公園は最寄りが梅ヶ丘駅なのですごく梅がありそうですね。すごく。

新宿御苑に行ったらメジロに会えた

新宿御苑みたいな都心でもメジロっていっぱいいるんですよ。朝早くいくと朝の光と、逆光でふわっとした写真を撮ることが可能です。
到着したら梅の花を撮影してちょっと練習してみてもいいかもしれません。

写真の設定

せっかく鳥を撮っているので、羽ばたく寸前の姿を収めたいとおもいませんでしょうか?
以下、下手くそですが羽ばたく瞬間の写真になります。

時間的にウメジローを撮影できなかったのですが、羽ばたく瞬間だけでも捉えようと頑張りました笑
この時の設定は

iso 100
f 4.5
ss 1/1000

レンズはなにをもっていけばいいの?

当然望遠レンズは必須になります。

大体上載写真で200mmってところですかね。

トリミング想定ならともかく、200以上はほしいところです。

200mmでもちょっと足りないかなって感じ・・・。

おわりに

新宿御苑はいろんな被写体があって楽しいですね。ここで撮れるものをいづれまとめてみようと思うので、気になったらご覧ください。